2010年11月30日

一念発起すれば、必ずできる。なりたい人物になるのだと思い込むことから始めなさい。 [著者:デヴィッド・ヴィスコット(アメリカの精神科医)]


1日の始まりはアファーメーション(自己肯定)から

はじめましょう!
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

朝の来ない夜はない


最近、気分がどん底状態にあったので、この言葉は

かなり響きました。

考えてみれば、そうなんですよね。

朝が来れば昼が来て夜が来る、そしてまた朝・・・

春が来れば、夏が来て、秋、冬、そしてまた春・・・

自分が生きているうちに、今やれることを

めいっぱいやっていくしかない。

http://www.nextleader.jp/555#comment-316
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

失敗したところでやめてしまうから失敗になる。成功するところまで続ければ、それは成功になる。


結局成功と失敗の分かれ目はこの点に尽きる、

それしかない、といったところでしょうか?

最近こころが折れそうな状態から抜け出せて

いないのですが・・・・・・・・

「愛し君へ」シンドロームといったところでしょうか?

なんとか早く立ち直らせていきたいです。

ただ、個人的にはこの話に感動した、感銘を

うけた、というだけで終わらせてはいけない、

という気がしてます。

なにか行動に移さないと・・・・

自分がなりたい人間には近づいていけないな、と。

http://ameblo.jp/fftencyou/entry-10716461124.html

タグ:成功 失敗
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

愛し君へ


ここんとこずっとドラマをみていなかったので、

昔録画したビデオを取り出してこのドラマを11話一気に

みてしまいました。

きっかけは、この動画でした。



元々僕は菅野美穂さんが好きです。

世界一の女優さんだと思ってます。

今回ドラマを見直して改めてすごい女優さんだな、と

思いました。


以前見たときは、とにかく目が見えなくなっていく

ことに対する悲しみとかばかりが頭に残っていたのですが、

今回改めて見直してみると、菅野美穂さん演じる

友川四季さんの「生き方」にとても強い衝撃を

受けました。


小さい頃に母親を亡くしたことがきっかけで医者をめざし、

仕事では病気の子供たちを一生懸命に支え、

プライベートでは藤木直人さん演じる安曇俊介さんを

支え・・・


男女間でのたくさんのすれ違いの中で、友川さんは

たくさん傷つき、泣き、悲しい思いをいっぱい経験

するにもかかわらず、決してそれを相手にはみせず、

相手のことを思いやることを決して忘れない。


そこまでひどい仕打ちを受けて、そこまでひどいことを

いわれて、どうしてそれでも相手を思いやることができるのか?


行動し続けることができるのか?


自分だったらとっくにあきらめているところを、

この女性は傷ついても傷ついても、それでも前へ前へ、

進んでいきます。


最後の最後まで、相手の幸せを願う気持ちを持ち続けて

いきます。


年が一周りか二周りくらいはなれている上司役の時任三郎に

尊敬している、といわせてしまう。


若さゆえに、道がふらふらとしてしまうことがあっても、

根底にある彼女の信念が彼女の行動を支え、まわりの

人たちもそんな彼女を一生懸命に応援していき、

最後に彼女は幸せをつかみとります。


周りの人たちを誰も不幸にすることもなく、みんなを

幸せにしてしまう、なんてすごいひとなんだろう、と。


友川さんをみて、正直自分がとても恥ずかしくなりました。

なんて自分はくだらない生き方をしているんだろう、と。


人生が2度あるのなら、

1度は自分のための人生を、2度目は自分以外の誰かの

ための人生を生きればいい。

でも人生は1度しかない、といって友川さんの父を演じる

泉谷しげるさんは娘の結婚に反対します。


それでも友川さんはこれが自分にとっても幸せな人生だ、

と生涯安曇さんを支え続けていきます。


自分にとって、本当の意味で、自分のためにもなり、

自分以外の人たちのためにもなる生き方とは?


この問題に答えを早くださないと、自分の人生は後悔に

おわる、そんな思いが頭からはなれません。


たかがドラマの中の話でしょう、と思う人もいると

思いますが、このドラマのストーリーだって、

誰かが考えたからこういうドラマがなりたつのであり、

こういうストーリーが生まれてきたのは、その元になる

誰かが実際に存在したから、なんじゃないでしょうか?

人間の思考は、インプットなしにアウトプットは生まれて

きませんから。




タグ:菅野美穂
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 菅野美穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

明日のことを思い煩うなかれ、明日は明日のことを思い煩え。一日の労苦は一日にて足れり。 [著者:イエス・キリスト(聖書)]


明日が来るのを恐れるのは人間だけ・・・・

やることなすことうまくいかないことばかりになると、

明日が来るのが怖くなります。


こんな聖書の中に出てくるような人(?)すらこんな

ことをいっているなんて、結局人間が考えることなんて

ほんとに古今東西かわらないんだな、と感じました。

posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。