2010年11月02日

賞賛に値するのは、実際に行動した人物であり、汗と血でまみれ、勇敢に戦い、 何度も間違いを犯して成功にまで手が届かなかった人物であり、熱意をもって身 を捧げ、有意義な目標に向かって全精力を使い、たとえ失敗し たとはいえ果敢に挑戦した人物である。その人物は、勝利も敗北も知らない臆病 者たちとは一線を画している。


賞賛に値するのは、

実際に行動した人物であり、

汗と血でまみれ、

勇敢に戦い、

何度も間違いを犯して

成功にまで手が届かなかった人物であり、

熱意をもって身を捧げ、

有意義な目標に向かって全精力を使い、

たとえ失敗したとはいえ果敢に挑戦した人物である。

その人物は、勝利も敗北も知らない臆病者たちとは

一線を画している。


とても力強い言葉ですね。

ただ個人的には、やっぱり最後は成功して締めたいです。
posted by zau94930 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | セオドア・ルーズベルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。