2011年01月24日

だれでも偉大になりえます・・・。


だれでも偉大になりえます・・・。

誰かが人々に貢献することができるからです。

貢献するためには大学の学位など必要ありません。

貢献するために、だれが何をどうするといったことを

決める必要もありません。

ただ、優美さにあふれた心のみを必要とします。

愛によって形作られた魂を。

[著者:マーチン・ルーサー・キング・ジュニア

(アメリカ公民権運動の中心人物]

どうも最近気分が荒んでます。

またもやあまりに事が予定通りに運ばないので、

いいかげんかなりむかついてきました。

そういう気分でものをみると

ほんとちがいますね。

理念なんてそんなもんあんのか、という感じでしか

世界が見えなくなります。

ちょっとした意外な発見でした。



posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月23日

かっこ悪くたっていいのだ、かっこ悪さを恐れてはいけない・・・・


かっこ悪くたっていいのだ、

かっこ悪さを恐れてはいけない。

恥ずかしがってはいけない、どんなかっこうでも

真剣に生きる姿は美しいのだ。

[著者:千秋 実(俳優)]

35過ぎてかっこいいもわるいもないので、

はっきりいって、僕には関係のない話です。

posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

成功するための絶対条件 W・クレメント・ストーンより


1年前に大学院を卒業したばかりの1969年に、

幸運にもW・クレメント・ストーンのもとで働けることになった。

ストーンは自らの力で億万長者に上り詰めた人で、

資産は当時で6億ドルもあった。


アメリカ史上、類を見ないほどの

成功をつかんだ人として知られている。


雑誌「サクセス・アンリミテッド」の発行人であり

著書に「私が活用して大富豪となった実践的成功法則」、

ナポレオン・ヒルとの共著書に「心構えが奇跡を生む」がある。


最初の週の研修がそろそろ終わろうというとき

Mr.ストーンは、

「君は自分の人生に100%の責任を持っているか」

と私に尋ねた。


「そう思います」と私は答えた。


「答えはイエスかノーかだよ、君。

責任をとっているのか、いないのか」


「自分でもよくわかりません」


「これまで、自分を取りまく環境を人のせいにしたことは?

何かに文句を言ったことはあるか?」


「たぶん・・・あると思います」


「たぶんではない。あるのか、ないのか」


「あります」


「ということは、君は自分の人生に

100%の責任を持っていないということだ。


100%責任をとるというのは、

自分に降りかかることはすべて

自分が作り出したものと認めることだ。

これまで経験してきたことのすべての原因が

自分にあると理解することだ。


本気で成功したいと思っているなら、

もちろんそう思っているだろうが、

人を責めたり不平をこぼしたりせず

自分の人生の責任はすべて自分でとることだ。


つまり結果はすべて、

成功も失敗も君次第ということになる。


これは成功するための絶対条件だ。


いいかい、ジャック。


今この状況を作り出したのは

自分だということがわかれば

自分の意思で、消し去ることも、作りなおすこともできる。


わかるね?


自分の人生を責任を100%取る気になったかい?」


「わかりました!責任をとります!」


そして私はその通りに実践した。


ージャック・キャンフィールド(こころのチキンスープ共著者)


あまりに単純明快で、コメントのしようがないです。

毎日でも見直す価値のある文章だと思いました。

posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月19日

問題は結果ではない・・・・


問題は結果ではない。

もう一度頑張ろうと思うのか、

それとも、もう十分と思うのかです。

[著者:萩原 智子(シドニーオリンピック競泳代表)]


厳しい世界に身をおいたことのある人の発言は、

重いし、説得力があります。

もはや、悟りの境地に達しています。

僕は、何年か前の年末にスポーツの総集編の番組で、

大林宣彦監督が、

「スポーツ選手は、人間の中でもっとも神に近い存在だ」

的なことをおっしゃっていたのを今でも

記憶しています。

posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

人間の能力には大きな差はない・・・・


人間の能力には大きな差はない。

あるとすれば、それは根性の差である。

[著者:土光 敏夫(元経団連会長)]


結局つまるところ、成功する人とそうでない人の

違いはここに行き着くような気がします。

たどり着くゴールまでの長さやルートは違っても、

成功する人は結局ゴールまでたどりついてしまう。

そんな気がしています。



posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。