2011年01月12日

人生とは、10パーセントがわが身に起こること、90パーセントは・・・・


人生とは、10パーセントがわが身に起こること、

90パーセントはそれにどう対処するかだ。

[著者:ルー・ホルツ(元フットボールコーチ)]


こういう発言ができる人って、相当な人生経験

を積んでますね。

なかなか思いつかないし、いえないですよ。
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

いかなる教育も逆境に及ぶものはない。


いかなる教育も逆境に及ぶものはない。

[著者:ベンジャミン ・ディスレリ]


同感です!!!!!
posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月10日

人には何度かチャンスがある・・・


人には何度かチャンスがある。

それに挑戦する人としない人の違いが、

女神と握手できるかできないかの分かれ目ですよ。

[著者:三田 勝茂(日立製作所社長)]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僕は普段、大企業に属する人たちの意見にはほとんど

関心を持ちません。

自分のこれまでの経験から、そもそも大企業の存在自体が

人を幸せにするものなのか、そうは思えないからです。

だけど、この人のこの発言にはかなり共感しました。

というのも、今自分が取り組んでいることって、

とっくの昔にやれていたことだと思うからです。

だけど昔はそれに気づかずに素通りしていました。

今はいろんなところにチャンスが転がっていることに

気づきます。

結局、人は追い込まれるところまで追い込まれないと

気づけないのかな、と。

そんな気がしています。


posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

どん底に耐えられれば、裸になることができる・・・・


どん底に耐えられれば、裸になることができる。

私は、新日本プロレスを旗上げした時、

一軒一軒キップを売って歩いた。

理想のプロレスをつくりあげるために、

なにふりかまわず頭を下げた。

十年近くたっても、私はそれをやった。

ちょうどブッチャーの移籍のころだった。

ここ一番で興業を成功させねばならない時に

ストにぶつかり、大幅なキャンセルが出た。

私は自分に言いきかせた。

日ごろ、裸になれといっているが、今、お前はできるか?

私はやった。「人生は挑戦の連続である。」

[著者:アントニオ猪木(プロレスラー)]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

何年前だったか覚えていませんが、子供のころ、

この人が確かなにかがうまくいかなくて、破産か何かの

状態になり、記者会見でもかなりひどくたたかれていた

のを、覚えていました。

子供心に、こんなに有名で成功した人でも、あんな状態に

なってしまうのか、と。

ところがしばらくしてから、彼は再び表舞台に登場して

きました。

その姿には本当に驚いたことは今でもはっきり覚えています。

この人ほど説得力の発言のできる人は

そうそういないでしょう。

だったら自分もひたすら挑戦し続けるべきだな、と。



posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月08日

もし、私が山で命を落としても、悲しみ嘆いてくれるな・・・・


もし、私が山で命を落としても、悲しみ嘆いてくれるな。

それよりも、あいつは望んだような死にようをしたと

言って下さい。

どう考えても、山における死は一つの特権なのだ。

それは無駄な死ではない。

最も力強い物象の真只中で、

全力を尽くして闘っている時に、

生命を失う事は、

死に甲斐のある事なのである。

[著者:ジャン・コスト(登山家)]

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

僕は山登りをしないので、正直はじめはまったく

ピンとこなかったのですが・・・

じっくり読み直してみると、

この方の決意、というか情熱が言葉から

じわじわと伝わってきます。


結局人はどういうときに自分は本当に充実した人生を

送っている、と感じられるか、というところに

つきるのかな、と。


生きがいを感じるために戦場におもむく人もいるし、

思いっきり全力でチャレンジしているときに生きがいを

感じることができるし、

他人を喜ばせることで生きがいを感じる人もいる。

自分の人生が充実している、と感じるために

やるべきことは、人それぞれでしょう。


自分が心からそれをやりたい、と思って

まっすぐそれに向かってつきすすんでいけば、

最終的に自分の人生は充実していた、と感じられるのでは

ないか、と思います。


今の自分はなんせ無収入なので、

とにかくここから脱したい、という気持ちだけで動いて

いますが、これも後から思えば悪くないかも、

という気がしています。

残念ながら、現実はそう甘くはないです。

ひとつ困難をクリアしても、またひとつ見えない壁が

たちはだかって、そうそうものごとスムーズには行きません。

昨日もひとつ大きな壁をクリアした、と思ったら・・・

思わずPCの壁紙の菅野さんを見て笑ってました。

ひとつ壁をクリアしたときも、新たな壁にぶつかった

ときも、相変わらず菅野さんは笑ってます。

壁紙ですから、あたりまえですけど(笑)

1日も早くこの壁紙が、

幸運の女神にみえてくるところまで

もっていきたいです。

あとから今の状態をふりかえって、

充実した時間だった、と思えるところまで

もってきたいな、と心から思います。


菅野美穂112.jpg

posted by zau94930 at 09:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。